私は3人姉妹の末っ子なんですけど、お母さんと長女がすっごいハーフ系の顔の美人で、次女は和風系の美人なんです。
そんな風俗嬢の私の何気ないつぶやきをご覧ください。

AVだけど言いたいことは言う。

image

マネージャーさんもそうなんですけど、けっこうズバズバッとツッコんでくるんで、気を使わずに言いたいことを普通に言えます(笑)。
お仕事もそれ以外のことも、ポンドに親身になってくれるスタッフばっかりで、女のコには働きやすい環境なんじやないかなって思います。
安心して任せて大丈夫だなって思えますね」111ていんくる読者のみなさんにひとことお願いします。
「私でも(AV女優に)なれるんで(笑)、たぶんみなさんも全然なれるし、一緒に頑張っていきましょう! 女のコつてだけで、みんなかわいいんだから大丈夫ですI・」信頼できるスタッフに恵まれて、安心してお仕事できることが幸せ。
圉キャバクラ時代もそこそこ稼げていたのですが、規則が厳しいのと自由がきかないのとで辞めちやったんです。
でも生活レベルが下げられなくて、このお仕事を始めました。
キヤバクラ時代の倍のお給料が稼げるので、貯金もできるようになってうれしいですI・なるべく自分を飾らずにナチュラルにサービスするようにしています。
違う自分を演出するよりも、自然に接するほうがお客様もよろこんでくれるような気がします。

趣味? カラオケかな?

image

私はお客様から「お尻がきれいだね」と言われることが多いので、ヒップラインのケアは欠かさないようにしてます。
怖いと思っている人が多いと思いますが、実は始めてみると楽しいお仕事ですよ。
いろんな職種の人と出会えるので、勉強にもなりますよ~。
以前は結構お堅い仕事をしてました。
真面目だね、と言われるのが嫌でキャバクラで慟いてみたのですが、思ったよりもお給料がよくなくて、キャバクラの同僚に勧められて始めたんです。
カラオケです! 友達とひたすら歌ってます! 長いときは12時間歌い続けることもあるんですよ(笑)。趣味はサックスです。
中学から始めてずっとやってました。
最近はちょっとお休みしていますが、以前は老人施設などに訪問コンサートに行ったりしていたんです。
また時間ができたら行きたいと思ってます。
男の人の経験が少なかった私でも働けるお仕事ですので、未経験のコでも大丈夫、安心して慟けますよ。
いろんな男性に出会って褒められることが多いお仕事なので、自分に自信がつきますよ!保育士の資格の勉強中なのですが、学費と将来のための貯金をしたくて学校の友達に紹介してもらって始めました。
今は勉強する時間もあるし、貯金もできるのでありかたいです!面枝は卜午厂干し古したゲヅ最初は少し怖くて緊張しましたけど、面接時の応対がとてもよく、しっかり説明してもらえたので、安心して始められました。
覚えてます。最初は裸になるのが恥ずかしくて……。
でも、お客様がとても優しくていいかたで、安心しました。
わからないことばかりでしたけれど、正直に「入ったばかりで何もできなくてごめんなさい」と言ったら、優しく教えてくれました。
正直に接すれば、お客様も受け止めてくれるんだなあと。
だいぶ慣れました。
うちはイメクラなので、お客様が求めるイメージの世界に入り込むうちに自分も楽しめるようになりました。
コスチュームがあるお仕事は、普段の自分とは違う自分を発見できるのかも。
個室の待機室でゆっくり勉強できますし、寂しくなつたらみんなが集っている応接室やヘアメイクルームに行ってます。
専属のヘアメイクさんがいるので、出勤時にヘアセットに苦戦しないのがありかたいです(笑)。

初めての風俗リンク

風俗の きっかけ

image

デリヘルの次はAVってか。

最初のきっかけ。オジサンにつられて?「いや、もちろんお仕事にも興味ありましたよI・それまで短大に通いながら看護師の資格を活かして仕事したり、いろんなことに挑戦してきたんですけど、自分のまったく知らない世界を見てみたいっていう気持ちが大きくて。で『なんて末っ子だけコレ?』みたいに言われて育ってきたんです(笑)。
だから、自分の顔や身体はあんまり好きじゃなかったんですよね。
『こんなんで大丈夫かな?』と思ったんですけど、むしろみなさんの前に出ることでかわいくなれるかなって思って、やってみようと思いました」I-AVのお仕事の話が来たときは、どう思いました?「グラビアでもけっこうきわどい撮影があったんですけど、それが自分的には楽しかったから、できるかもしれないって思いました。
もともと、同じ事務所にAVの女優さんがいるので、パッケージとか見てて、『かわいい女のコがいっぱいいるな~』つて憧れのまなざしで見てたんです。
『この人たちの仲間入りしたいIこって思ってたので、けっこうすんなり出演しようって決めました」――・i迷いはなかった?「一度やろうと決めたら、けっこう突き進んじやうんですよ(笑)。
みなさんの前に出て認めてもらえるのか、それだけが不安でした」‐lll初めてのAVの撮影はどんな感じでしたか?「AVを一回も見たことなかったので、「何やればいいんだろう£:Jつてなっちゃって、相当緊張しましたI・ 最初は緊張し過ぎてお菓子も食べられなかったぐらい。
でも、男優さんも監督さんも含めて、スタッフのみなさんがすっごく優しくて、終わったあとも一緒にお菓子を食べたりして遊んでくれたり、かまってくれるので、『優しい人が多いんだな~』つて思いました。
もっとサクサク仕事っぽくやるのかなと思ってたので、そこはうれしかったですね。
あとは、そのとき共演した男優さんの中に、オジサン男優さんが2人もいて、うれしかったです~!」――Iオジサンのほかには好きなものは……?・「AKB48が大好きなんです~-・かわいい女の人を見るのが大好きなんですよ。
AVの女優さんを見てても、『キャーー・ かわいい~1・』つてなります! 共演とかもできればうれしいですけど、たぶん『かわいい、どうしよう!』つてチラ見しちゃうと思います(笑)」―このお仕事を始めてよかったことは?「デビュー作の評判がよかったって言ってもらえたり、一緒にお仕事したスタッフさんに『今日、いちばん楽しかったですI・』つて言ってもらえたりすること。
私かいっぱいしやべったりすることで、『楽しい』『撮影がすごくやりやすい』つて言われるのがうれしいですね~」所属事務所がAV制作もされているということで、ちょっと珍しい形態ですが、いいなと感じるところはありますか?「とにかく、アットホームなところですね。